タトゥーをピコレーザーで除去した話

タトゥーを入れる、除去するということ

好きで入れたものです除去したのも、それぞれの事情があったからです。
でも、やはり自分はこの何もきざまれていない身体で、楽になりました。
タトゥーを入れる、除去するということの自由さをピコレーザーという最新機種が広げてくれたのだと自分は思っています。
 勢いで入れてしまった人が、後で悲しい思いをしないように。
こういう技術が進歩していったおかげで、自分の人生はかなり変わりました。
俺は入れていた側なので、入れている人を差別しません。
似合う人はかっこいいなと思います。
でも、そうは思わない人がこの社会には沢山いるんだということを、よくよく学びました。
そんな時に、こういうピコレーザーという最新機種があって、よかったなと心から思いました。

タトゥーを肩から腕に入れましたピコレーザーを実際に患部に照射した感想タトゥーを入れる、除去するということ